スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボートの紹介 その2

つづいて、プラスゲインのボート、
LJ11-110NHについてご紹介しますね。


ところで、プラスゲインのボート、LJ11-110NHの
開発コンセプトは、キャストが決まる船です。
プラスゲインでは、ゴムボートの販売もしています。

ゴムボートで釣りをするとき、従来のアルミボートと
比べて、明らかにキャストが決まりやすいのです。


その理由は・・・・

それは着席している時の高さにあったのです。

ゴムボートで釣りをするときの着席高は、
水面とほぼ同じ高さです。

しかし、従来のジョンボートの着席位置は、
水面よりも20cm以上高い位置にあることが
普通でした。水面の位置からキャストすると、
ちょっと浮いた位置でキャストするのとでは、
ルアーが通るトップの高さが違ってきます。


水面の高さが着座位置の場合、キャストすると、
オーバーヘッドでキャストしてもルアーの弾道が
低弾道になります。

通常ならサイドキャストしか出来ないような
場所でも、オーバーヘッドキャストができると
言うことは、パワーのみなぎるキャストができ、
なおかつ方向がぶれないのでルアーの飛翔速度もあがり、
弾道がお辞儀しないのでカバーの奥まで
ルアーがまっすぐ飛びます。


これをジョンボートでできないのか??
と考えて生み出されたのが、
プラスゲインのボート、LJ11-110NHなのです。


プラスゲインの詳細はこちらからどうぞ

プラスゲイン ボートの詳細はこちらから☆





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。